2016年04月10日

本を片付ける

金、土と実家に帰ってきました。
毎週亡くなった父の遺品整理のために通っていますが、
今日は父の本をまとめました。
一つの壁に高い棚があり、たくさんあるなとは思いましたが、
一冊取り出してみたら奥にももう一列あるのがわかりました。
簡単に計算したただけで300冊はあるようです。
私が子供のころからあるものもあり、
バーコードもない、色もフォントも違う古書のようなものもあります。

家に買い取りに来てくれる業者に聞いていみましたが
「値段のつかないものは店頭持ち込みでないと引き取れません」
と言っていて、バーコード以前の古いものは引き取らないということでした。
ネットで調べてみましたら、古書専門の会社もあるようなので
最後はそこかな?

バーコードがついていても、値段がつかない可能性は多々あります。
本棚に収まっているのでしわや折れなどはあまり心配ないのですが、
ほこりに湿気が加わったらしく、ページを閉じた時の上になる部分に
ほこりが蓄積。取り払いますと、茶色い点々が。カビではないのは臭いでわかるのですが、
この茶色はアルコールで拭き取っても取れませんでした。
紙やすりに添え木をしてまっすぐに削ればふちはきれいになる、
と過去にテレビでブックオフの方が話しておられましたが、
この数全部?!
私にはできそうにありません。

ほこりを取って全体を拭いたりするくらいはマナーの範囲なので、
どこへ渡そうがやらねばなりませんが、その状態私ができる方法はないか??

10冊ほどオークションに出してみました。
時代が古いので「今欲しい」という人はいなかったらしく、
入札者ゼロにて終了。
ア○ゾンだったら売れるまで終了は無い。
出品してみました。
反応はないのですが、同じ本を売っている人はいるのだとわかりました。
数がたくさんあるので、倉庫を利用するサービスに加入。
昨日、50冊登録作業してきました。
明日発送します。
売れたらラッキー。今は実家の片づけが目的なので、50冊でも送ることができてよかったです。
細かい話は別の時に書きますね。
posted by さやred at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お片付けの応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436467709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック