2016年03月21日

終末期を考える

父が他界しました。

木曜日の午前4時、病院から電話が来ました。
「容体が急変しました」
怖かった。いつか来ると思っていたけれど、とうとう来たか。
母は冷静で、しっかりしていた。
このとき実家に母と私がいて、母が電話に出て私を呼んで、
それでも慌てないように心掛けているのか、忘れ物はないか、しっかり着替えたか、
戸締り、火の始末は大丈夫かと指さし確認して家を出た。
車中父との思い出話をしていた。
感謝の言葉を言っておいてよかった。
車いすに乗せることができてよかった。
お金関係を片付けておいてよかった。
お墓も買って、葬儀は近所の父の友人にお願いできるから大丈夫。
母はここ1週間、同じことを何度も確認する。
疲れもピークで、痴呆になったのかと思うふしが見られたが今だけのことだろうとフォローに回った。
病院につくと、実はもう呼吸は止まっていた。でもまだ体が暖かく、逝ったばかりなのかわからなかった。
それでも主治医は
「ご家族だけでお別れをしてください」と言って病室を出た。
母と私で手を握り、ほほに触れ、
「ぱぱ、ありがとうね。ありがとう。家もお金も大丈夫だよ。みんながちゃんとやってくれたから安心してね」
このとき母は泣いたのだが、後にも先にも泣いたのはこの時だけだった。

30分くらい時間をいただいて、主治医を呼びに行った。
主治医は淡々としていた。
「奥様の時計で見ましょうかね。今、午前4時55分ですね。では。午前4時55分、永眠されました。」
私と母はうなづいて、そこには激しい感情はなかった。これが父の死だ。
母は緩和病棟でこんな形の最後にしてあげられたことを良かったと言う。
この後私たちはショックで寝込むのかと思ったが、実はそのままずっと元気でいることができた。
看病に1月ほど費やし、つきっきりでもなく身辺整理もできて、少しずつ忍び寄る父の死に対して、心の準備もできていたのかもしれない。
元気と言っても母は物忘れが激しくなったが、軽い冗談は言えるし、自信の身の回りのことは普通にできる状態でした。ほっとしたのですが、このあと葬儀関係の打ち合わせの時、ちょっとやばいなと思った。

父の体を病室で拭いてもらい、葬儀社のお迎えを呼んで裏口から出た。
母は言われたことはわかっているのだが、先ほど了解したことも何度も聞き返すようになった。
この後の段取りのこともわかりやすく説明してもらったのに
「で?私はどうすればいいの?」といった感じで、
聞いても頭に入っていないようだ。母に付き添って私が全部聞き、母に質問し、決定し、決定したことも母から質問されたら答えられるようにして置かないと話が先に進まなくなった。
母は、父の危篤の時から周囲は娘にばかり選択させていて、妻を不安に思っているんじゃないかと言っていたが、いよいよ葬儀の打ち合わせになったとき、葬儀社の担当者が私に
「お母さん大丈夫ですか?」と言っていた。
「今は大丈夫じゃないかもしれませんね(笑)」と言うしかないが、
今だけなのだろうか。不安になった。
友引が挟まるので、葬儀は3日後になった。

身近な家族ほど、大事な人の死を受け止めるのに時間がかかる。
母は葬儀までの3日間、父がまだ生きているようなていで話したり考えたりしていた。
コーヒーを多く入れてしまう。夕食のメニューを父中心に考えてしまう。
冷蔵庫の中身が父の好きなものばかりで、
「これはパパが帰ってきたら食べるから」と言って自分でびっくりしている。
父の使っていたもので明らかに不要なものでも、まだ触れないと言っていた。
ゴルフのフルセットが、なぜか6セットくらいあるのだが、手を付けるなと言っていた。
急に全部片づけてしまうのが良くない気がするとか
近所の目を気にしたりとか。
なれるしかないのだ。その人がいないということに。

↓あなたはご家族に何を残し、最後をどんなふうに迎えますか?↓

↓とりあえず、終活とはなんぞや↓

↓逆もまた真なり↓

posted by さやred at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

金融機関への対応

銀行と農協と郵便局に、父名義の口座があり、亡くなる前に下ろしておくようにと母が友人から助言があったので、入院している父を見舞い、眠った時などに出向いていました。

金融機関は名義人が亡くなると、口座が相続の対象になるため、引き出すのに時間がかかってしまう。

本来本人が金融機関に出向いて解約したりすれば早いのですが、父は病院から出られない。

光熱費の引き落としや、年金の需給先だったりすると名義変更するのがこちらは楽だと考えていましたが、それはどこもできませんでした。解約するのが良いと言われ、代理人による解約は、委任状が必要とのこと。

ある銀行では委任状は紙一枚。名前だけ本人が書けばできました。そのとき名前くらいは書けたので頼むことができました。

郵便局では、対応してくれた方が
「本人が来なければダメだ」と繰り返し、少し時間がかかりましたが委任状をくれました。

農協は病院のすぐそばだったのもあり、病室まで来ていただきました。
本人が窓口に来たのと同じ手続きで解約ができました。そのときはベッド上で座る姿勢を取るのがやっとで、名前の大きな枠にやっと収まる感じで書けました。
住所も書くように言われ、
父はゆっくり書いていましたが、住所字は細かいものでしたので、番地だけは代筆になりました。
それでも自分で手続きできたのが嬉しかったようです。

知らない定期口座があったりしました。

ある銀行の口座は、解約せずに全額お金を下ろしておきました。光熱費の引き落としができなくなれば、後程お知らせが来るのでそのときに名義変更しようと言っていたのですが、翌日マイナスになっていました。なぜマイナスになるのか銀行に問い詰めますと
「個人情報で、ご本人にしか言えないのですが、オレンジの通帳を探してみてください」
とだけ教えてくれました。普通預金とは別に、通帳がある。母も知りませんでした。

母は病床の父に
「オレンジの通帳はどこですか?他に口座はありませんか?」
と聞いても、その頃の父は話があまりできません。

実家の書斎をひっくり返しました。
几帳面にファイリングしてあったので一度見ていたつもりでしたが、封筒ごと穴を開けて袋とじのようにしているものもいくつかあったので開けてみました。
オレンジの通帳を見つけました。
ちょっとした金額が入っていました。

他にもあるかのような、他の銀行の
「口座開設のお知らせ」なんかもありました。
posted by さやred at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

父の身辺整理

亡くなる前にやらなければならないことがいくつかあります。
ご近所に教えていただいたのはお金の整理。
人が亡くなれば、持ち物が誰かに相続されますが、今回はこじれる心配がない。と思う。
妻のある夫が亡くなれば、財産の半分は妻、もう半分は子供たちで均等に分けるのが法律。
私も兄も稼ぎはいまいち。母は年金を払わなかった時期もあるので、今後の母の生活費として、母に全額いけば良いと思っています。
その前に財産なんてあるんだろうか?

父の名誉を傷つけない程度に書けば、
ガン最初の保険金は、負債の返済で消えたらしいが(汗)、
ゆうちょ銀行、農協、都市銀行に、何故か振り分けられて定期預金がされていました。
これも何故かわかりませんが、光熱費も一ヶ所に集まっておらず、クレジットカードを通したりしていました。

これもひとつずつ確かめて、解約したり変更したり貯金を下ろしたりしなければならない。
母は父の通帳で生活費を出し入れしていたので、一部の口座はわかっていたが、年金や税金は父が管理していたので難解でした。
税金、光熱費、年金などの出し入れをどの口座でしていたかを把握し、父名義の口座を母名義にできたら楽だ。

なぜ生前にやらなければならないかと言うと、死後では相続の対象になり、該当者全員の同意が必要になる。
私も兄も同意するよ。、、ってだけではダメで、正式な文書を提出し、
あぁ確かにあなた方はこの口座の名義人の相続する人で、あなたは放棄して、あなたに全部行くんですね、って確認してもらってはじめて成立する。
印鑑証明を取り、実印を押した文章を作成する。噂によると半年もかかるとか。

葬式代くらいは払える準備をしておかないと心配なので、
把握している三ヶ所に行くことにした。
地元の銀行と農協と郵便局。
三種三様でした。


「金融機関への対応」に続く
posted by さやred at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする